風の人

蒔いた種が
 風に運ばれ
   花が咲くまで・・・

| TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.16 Monday ... - / -
#一生の一瞬を生きる
ずっと、麻チャンが「会わせたいっ!」と言ってくれていたブックドクターあきひろサンと会うことができた。

待ち合わせ場所のソネスに行くと、カウンターから聞こえてくる笑い声。

はじめましての挨拶をして、

喋って
喋って
珈琲飲んで
喋って
喋って
喋って
11時前ギリギリですみれにラーメン食べに行って
喋って
珈琲のみにソネスに帰って
喋って
喋って
珈琲飲んで
喋って
喋って
喋り倒した!

あ、ちなみにこの喋り倒してる間ずーーーーーっと笑いっぱなし!

頬の筋肉使いすぎてイタイ。。。

一生の一瞬を生きている、まさにそんな人。

私よりもずっとずっと多く人生を歩んできて、今もなお、上を目指している。挑戦したいことだらけで目がキラキラと輝いているあきひろサンを見ていると自分がすごく恥ずかしくなった。

ここ最近ずっと口癖は「疲れた・・・」で、ふと自分が映る鏡を見ると疲れ果てたボロボロの顔。

私の目的ってあれ?何だっけ?ってなったりもした。

先の事ばかりを考えては、間に合わないと頭を抱え込んでる。。。。目の前にあることでさえ消化できていないくせにね。

でも、もうそんな日々とはおさらば!

あきひろサンに会って「負けてらんねっーー!」って思いました。

いや、負けん。

毎日、笑って過ごすんだ。

2008.12.12 Friday ... - / -
#ナチュラルな生糸を辿って・・・
 行きたい場所、知りたいこと、会ってお話してみたい人、とりあえず気になったことは手帳にメモを残す。

すべてのことをいっぺんにするためじゃなくて、書いておくことで上手くタイミング=風が合う瞬間を意識するようにしている。

うーん・・・説明すると難しくなっちゃうけど、生活していく中で「あっ!今なんじゃないかな!」って思う風が吹いて、それに上手く乗っかる。

遅すぎても、焦って早くなりすぎてもダメ。

お手紙を出したのはちょうど1年前で、なかなか風が吹かなかった古庄さんとの出逢い。

ふわりと風向きが合って、やっときんどへ行くことが出来ました。

道に迷いながらも辿りついたその場所は、緑溢れる風の吹く離島。石段を登る一歩一歩がどんどん軽くなる、、、そんな場所。

カメラの話、活版の話、ポニョの話、、、ときどきひょっこり現われるプチを撫でながら、ここでは書ききれないほど、たくさんお話しをして美味しい珈琲とシフォンケーキを頂いた。

それから、一年前に出した手紙の意味がしっかり伝わっていて驚いた。

活版の記事でも書いていた手が伝えるパワーみたいなもの。
私が手紙を書く時は、そのパワーに頼っている部分があって、、、どんなに拙い文章でも手が伝える何かがプラスされてきちんと想いは届くと思い込んでる。

やっぱりそれはメールじゃないんだよね、手紙にしか出来ないこと。

私自身が「想いよ届け〜!」とおまじない感覚でしていることだけど、手紙の内容だけでなくその奥にある想いが古庄さんに届いていてとても嬉しかった。

古庄さんの仕事場まで見せてもらえた、とっても楽しい1日。
風の感覚だったり、光の感覚だったり、古庄さんが作る空間はやっぱり何か不思議なパワーがある。

そして、帰りにすっごい面白そうなことを思いついてしまった!

「早く風向きが合うといいなぁ〜」とそんなことを考えながらの帰り道はなんだか飛べそうなくらい足取りが軽かった。

次の日はダーラの5周年記念イベント「FRAMÅT」、しょうサンに誘われ遊びに行ってきました!

会場に着くなりプチにそっくりな犬を発見!
「もしかして!?」と綱を辿ると古庄さんの奥さん!!!

「こんにちは!」と声を掛けると「あっ古本の所にいますよー!」ということでダッシュ!!

昨日会ったばかりの古庄さんにまたまた出逢いました☆

出逢うべくして出逢った、というか私の中のこの風の感覚は間違ってなかったんだなぁと思えるくらいタイミングが合いだした素敵な出逢い。

これからもよろしくお願いします!


2008.10.21 Tuesday ... - / -
#虹色の想いの丈
タウンページで調べたり、出かけるときはなるべく歩いて小さなお店が立ち並ぶ路地に入り込んでみたり、どこかにある気がして探し始めたのはいつからだろう???

ドアを開けて飛び込んできたその光景に鳥肌が立った。
やっと、やっと、見つけた!

「土曜は閉めてるけど、来るって電話をくれたからねぇ」と快く迎えてくれた高野さん。

昔ながらの商いと生活が密着している家の造りは、うちのじいちゃん家と似ていて懐かしくなる空間。

 「ずっと、ずっと、探してたんですよ!」という言葉だけでは足りないくらいで、嬉しくて声が裏返って泣きそうになった。

高野さんは、こんな時代に取り残されたような所に来て!なんて言っていたけど私にとってはすごくキラキラした宝箱みたいな空間。

想像していたよりもシャキシャキとした高野さんと冗談を言いながら活版の話をして、実際に機械も動かして見せてもらえた夢みたいな一日。

「車?車だったらここにあるの全部持って行っていいのに!」という心躍る発言も飛び出し、嬉しいやら悲しいやら複雑な気持ちになった。

きっと、この道具はここにあるからこそいいんだよ。

ここで時代を生きて刻んできた。
ここで始まってここで終るべきだし、他の場所では意味が無い。

それでも、好きな文字を記念に持って帰りなさいと言ってくださるので少しだけ甘えて活字をいくつか頂いてきた。

自分の名前と大好きな文字「珈琲」

活字になるとますます好きになるなぁ、珈琲!

こんな所!なんて、なんだかんだ言いながらも色々教えてくれる高野さん。
それはただの照れ隠しだということは御見通しで、きっと誰よりも活版に思い入れがあって活版と共に生活を営んできた人。

高野さんが「私らみたいなのは時代から潰されていった。」と言っていて、、、たしかにパソコンとかプリンターとか時代はどんどん進化し続けてる。

実際に、納品書をどんどんパソコンに打ち込んで何百枚と印刷して、失敗すればすぐに捨ててまた印刷をやり直す、そんなことをしていた時期を思い出したりして・・・簡単に否定も出来なくて、何も答えられなかった。

こんな便利な世の中で、私って何で活版にこだわって探していたんだろう???と改めて考えてみると、やっぱり最終的には“手”になってくる。

私は、手が伝える何かがあるってずっと信じてて、だからこんなにも活版を追いかけてたんだと思う。

上手く説明は出来ないけれど、パソコンなんかじゃない、活版にしか出来ないことがあると思ってる。

最後は「また来ますから!何度だって来ますよ!本当に来ますからね!」と何度も約束してお別れ。

紹介してくださった前崎さんに感謝です!

写真)あー!思い出すだけでもキュンとするー!な写真


2008.10.19 Sunday ... - / -
#0から1を生み出す
K.K.P.の後に、もう1つ楽しみにしていたこと。

本当は1人で行くつもりだったけど、急遽一緒にK.K.P.に行くことになった福住さんも巻き込んで一緒に行ってもらうことに!とても心強い!

活版のお話しを聞きにGallery+Design studio SYUへお伺いしてきました。

活版のことに興味を持ち出してから、ずっと福岡にないかなぁ〜と探している時に辿りついた前崎さんのブログ。

ブログを知ったのはずっと前のことだけど、活版について聞きに行こうと決めたのはつい最近で、知識も何にもないままに活版に興味があるという、ただそれだけの勢いで行ってしまったので「もしかして場違いかなぁ」と不安になりながらSYUの扉を開きました。

初めてお会いしたにも関わらず、活版やご自身のお仕事についてもいろいろをお話しをしてくださった前崎さん。

緊張して舞い上がってたけど、本当に楽しい時間だった!
活版に興味を持ったことをキッカケに良い出会いができて、いろんな刺激を受けた。

そして、福岡を離れて頑張っているフナキが目指してるのってきっと、こういう形なんだろうなぁと思った。

ナナちゃん、九州へ南下指示です!素敵な方がおりますよー!!(超!私信!)

「1から2を作ることは出来ても、0から1はなかなか作れないものだと思います。僕は一生かけてひとつでも1が作れたらいいなぁと思っています。」

さっきまで見ていた小林賢太郎が言った言葉がポンッと浮かんだ。

私は、その人が生み出すものが好きだと思うと、その人の事を知りたいと思う。ただ純粋に会って話してみたいと思う。

図々しいかもしれないけれど、今までそうやって一歩ずつ歩み寄った人たちは、私の生きてきた年数なんて関係無しに、お話しをしてくれる。

今回お会いした前崎さんも含めて、ワニさんやoshowさん、0から1を生み出す素敵な人たちのお話しは私にとって、すごく良い刺激になる。

この前ワニさんに「年相応の顔になってきたねぇ」と言われた。

きっと、それは今まで出会った人たちのおかげ。

対等にいろんな話をしてくれるから、私はありのままの自分でいろんな人に出会っていけるようになった。

背伸びする必要がなくなった分、すごく楽になった。

そして、そういう何かを生み出すことが出来る人達を尊敬して止まないし、願わくば私も一生かけてひとつでも1が作りたいのだなぁと思う。

「やっぱり、何かを生み出してる人って目がキラキラしてるよねっ!」と福住さんと話しながら薬院に!

麻チャンが働くカフェソネス&イコネへ!

久しぶりの美味しいご飯と美味しい御酒、楽しい会話。

会話の中で「きちんと切り替えて、その道に進んだことはすごいと思うよ!」と言われた。

自分の目指すものが諦められなくてグルリと方向転換した私を、いまだにご飯に誘ってくれるだけでも本当に嬉しいのに、こんな嬉しい言葉までもらってしまった!

まだまだ、行きたい場所や逢いたい人達がいっぱい!!

そして今日、何故だか「これ飲んで頑張って!」とリポビタンDを箱ごと貰った。

もう、頑張るしかないなっ!!!

ドリャーーーーー!!!!
2008.09.29 Monday ... - / -
| 1/1 |