風の人

蒔いた種が
 風に運ばれ
   花が咲くまで・・・

| TOPIC | LOG | LINK | ME | OTHER |
#スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.11.16 Monday ... - / -
#ROCK IN JAPAN 2009 8/2

そうそう、前回うっかり書くのを忘れていたんだけど最後にKjが泣いていた。

マイクをお客さんの方へ向けて目を真っ赤にして泣いていた。

上手く言葉に出来ないけれど、きっとあの時あの会場にいたみんなは同じ気持ちを共有していたのだと思う。

3日目の朝っぱらから永ちゃんです!

ばっちりタオルも投げて、イケイケな永ちゃんに衝撃を受け大好きになった。

永ちゃんの途中で抜け出してPOLYSICSを見に行く。

知ってるんだぜ、ハヤシがイケメンだということを!!

レイクステージに近づくに連れてハヤシの奇声が聞こえてきて、たまらなく嬉しかった。

お久しぶりなLITTLEこと、りっくんを見に行く。

始まるまでボーっとしていたら浦嶋りんこさんが出てきて驚く。

コーラスからして豪華すぎなライブは大満足!

帰りに休憩がてら曽我部恵一BANDを見る。

本当に本当に申し訳ないんだけど、私はやっぱり見ていて美しかったり、かっこよかったりする人のほうが良いなぁ・・・とつくづく思う。ただでさえ、モッサリ顔なのに髪型までモッサリ、そしてモッサリ。

なんだかもう、逆にモッサリ過ぎて夢中!みたいな。

途中でDJブースに岡田くんを見に行くけれど、私の知っている岡田くんとは遥かにかけ離れていたためショックで退散。どうしちゃったのさ?

HYを聞きながら我がホーム、シートゾーンへ!

スーパーフライのシホチャンが小さいのにパワフルで胸キュン☆

グループ魂を見に行く。

待ってました!魂ちゃん!
破壊!暴動!カヲルちゃん!バイト!そして石鹸!小園と遅刻は興味無しっ!

何やらドラムの調子が良くなかったらしく、曲を演奏するごとに真っ青になり挙動不審になり出す石鹸に夢中になり、破壊の下ネタなんて一切聞いていなかったよっ!暴動にカメラが向けられた時にチラッと真っ青な石鹸が後ろに移っていると、もう目が離せない。

しかし、魂ちゃんの最後らへんで体調の異変に気付く。

寒い、寒い、寒い。
鼻水止まらない。
あれ?暑い、暑い、暑い。

典型的な・・・熱!

救護室で薬をもらって、シートにぶっ倒れる。
久しぶりにきちんとKREVAのライブを見る。ソロになってのクレRAPツアー以来かもな。

なんだか見たことある人??と思っていたら、キャンディーストリッパーのデザイナーYOSHIEさんが横を通り過ぎて行った。可愛すぎるっ!

マイケルジャクソンを追悼しての曲を披露。
すっごい曲がった角度からの追悼を見た後だったので、なんとも言えない私。(魂ちゃんもマイケルジャクソンを追悼したのだよ!たぶん!)

「昔からのファンのためにも懐かしい曲をしたいと思う。でも1人じゃ歌えないからゲストを呼ぶぜー!」

その言葉に少しの希望を持っていたけれど、最初からみんなが欲している事に対して、はいはい!と差し出すような人間じゃない事なんて昔から知っている。

だけど、ちょっとだけ期待してみてもいいじゃないか。って思ったらSONOMI!

フナキなんてトイレに行ってたのに!そして、わざわざ引き返してきたのにっ!(笑)

それから「出る前からずっと、どう言おうか考えていた。言うの止めようかと思ったけど、やっぱり言う。」って言って真剣に話してくれた。

去年、キックを1日限定でしたら“復活”っと書かれてしまっていた件について。

復活と書かれてしまった事で傷付いてしまった人もいる。
「えっ?復活なの?・・・なんだ違ったのか・・・。」って傷付いたファンへの思いやり。小さい心遣い大切だと思う。

キックをするならロッキンだと思ってしたことなのに、あんなふうに書かれてしまって悔しかったし悲しかったって。だからもうキックはしない、そう言ってた。

私が知っている昔のKREVAなら、出演する前に、みんなにどう伝えようか?なんていちいちMCを考えるような人じゃなかったし、むかついたことにははっきりとむかつく!と言葉にクッションなんて挟まないで直球で投げてしまうような人だったのに、、、、楽しい気持ちでやりたいから言わない事も考えたんだけれど、でもやっぱり伝えるべきだって思ったんだと思う。

KREVAのMC中に私の横を通り過ぎた女の子が大画面に映るKREVAを見ながら、

「ホント、性格悪いっ!」

そんな言葉を吐き捨てた。

でも、あなたは知らないでしょう?
去年ロッキンに行った友達から「キック復活したよ!」ってメールをもらってぬか喜びした人の気持ち。なんだ、復活じゃなかったのか。。。ってずっと復活を願って待っていた人の気持ち。
中途半端に復活とかいってするのなら、キックなんてやらないで欲しい!って悔しく思った人の気持ちを。

分かるわけない、ずっとキックの時代からKREVAが1人で挑戦し続けてスタイルを変えずに成り上がってきた姿を見て来てない人に。

性格悪いの一言で片付けるような人に分かるわけが無いんだ。

キックをしないことなんて分かってた。去年のことをよく思っていないことも知っていたし、でもあれから凄まじい勢いで成長をし続けている彼ならきっとするんだろうなって小さな希望の炎は燃やしていた。

「今年はKICK THE CAN CREWは呼ばないことにした。……でも、KICK THE CAN CREWに変わるビッグなゲストを呼ぶぜ。しかも今年も俺にしか呼べない人たちだと思う。みんな知ってるかな? LITTLEとMCU!」

フナキと「ふざけんなよっ!」って言ってフロントエリアに走り出す。(私はフラフラのボロボロ!)

イツナロウバをすると思ってたのに、意外にもアンバランス。

きっと、今伝えたかったリリックが含まれていたからかもね。

もしかしたら、キックは復活しないかもしれない。
いや、正直な気持ちで書いてしまえばきっと復活しないって思ってる自分がいる。

でも、見れて良かった。

本当に、本当に良かった。

やっぱりこの3人が揃うと最強だ。

前にKREVAが「久しぶりにキックの曲を聞いたけど、今聞いてもかっこよくて、あの時作ったものは間違ってなかったなって思えた。」って話をしていて、すごく嬉しかった。

ライブ映像を見ても、いまだにかっこいいって鳥肌立つし、腐ってなんかいない。

「あっ、泣いてる。。。」
隣りに居た知らない人にそう言われるまで、自分が泣いていたことに気付かなかった。

それくらい、嬉しくて自然に泣いてしまった。

最後に「ごめん。俺、素直じゃないから。。。」ってKREVAが言っていた。

「そんなこと、知ってるよ!」ってフナキと2人で笑い合った。

傷付いているか、傷付いていないかも気づかないほどの小さな、小さな気持ちをKREVAが分かっていてくれた事が素直に嬉しかった。

ファンで良かったと心底思った。

ありがとう。

暑い、熱い、夏。

音楽で満たされた最高の3日間はとても楽しかった。

バスに乗り込んで大阪に着いて、大坂に住んでる姉1号の家に行く。
1泊して、飛行機で福岡に帰って長い長い旅は終わりました。
2009.08.02 Sunday ... - / -
#ROCK IN JAPAN 2009 8/1
 
今日も快晴!
朝っぱらからSEAMOちゃんを見に行く!これまた保護者感覚、売れてよかったね!ぺヤング!
昔見たときよりも、断然ライブパフォーマンスが良くなってて盛り上がりも半端なかった!私の中で2日目のMVPはSEAMOちゃんに決定!
相変わらずの天狗&海水帽姿に安心した。

この日は1日目の疲れを癒すために極力動かない作戦、シートゾーンでのびのび、ゴロゴロ☆

大画面でカエラちゃんを見て、途中フナキがバンアパを見るために消える。泉谷しげるが見たかったけど私はRIPを選んだので見れず・・・でもフナキが帰りに森で叫ぶ泉谷しげるの声を聞いたらしい!さすがだ、しげる。

RIPでフロントエリアへ〜♪
柵の横で見ていたら、ものすごい良い香水の香りがフワワワ〜と風に流されてきたので、フワワ〜と横を見たらドラゴンアシュのKjがっっっ!!!
かっこよすぎ&日差しで倒れそうになる。
古谷一行を見ていると、Kjもかっこいい年のとり方をするのだろうなぁといつも思う。

で、柵の向こうにはハルカリ、ドラゴンアッシュメンバー、そしてKjの横にはMEGUMIがいたのでした。みんなに言うと、結構批判を喰らうんだけど私MEGUMI大っっっ好きでして、そして大好きなKjと結婚したので夫婦共々大好きでして、、、嬉しすぎる時間でした!

シートに戻って大画面で吉井さんを見る。
美しい人ってどの角度から映っても美しいのねっ!
フナキと吉井さんについて熱くなりウィキで吉井さんについて調べ出す始末。子供いるだなんて、あんなお父さん羨ましいっー!最後にイエモンの曲をしてくれた。あの時の化粧バリバリな吉井さんが大好きでした。

アジカンを見る・・・特に感想無し。

ドラゴンアッシュ!だけどDJブースにはFUMIYAさんがっ!!
ぎりぎりまでドラゴンアッシュを見て、DJブースに移動するとRYOーZが居て、盛り上げ方は本当に上手いよなと思う。で、丁度良いタイミングでSUさん登場☆

RYO−Z「もう、そろそろみんなに言おうぜっ!俺達がGReeeeNだってこと!」
SUさん「明日〜今日より〜♪」
会場、全員熱唱っ!

RYO−Z「そんなに、みんな歌えるとは思わなかった!」

やっぱり面白いっ!!

1日の疲労がどっと出ていたのに、知らないうちに飛び跳ねていた!ミュージックパワー!!!

終ってからドラゴンアッシュに戻ると、持田香織が出ていた!可愛いっ!

明日は最終日!

つづく・・・


2009.08.01 Saturday ... - / -
#ROCK IN JAPAN 2009 7/31

着いたぜ!ひたちなかっ!

天気も曇り空で動きやすい1日の始まりは、朝礼での渋谷氏の素敵な紹介に泣きそうになってしまったよ!売れて良かったね!パフューム!師匠の影響で売れる前から知ってるので、もう保護者的な感覚、ライムスターファンでパフューム嫌いな人なんているんだろうか??

チャットモンチーを見たいけれど、今回の私達のロッキンのテーマが「身体に優しく!」だったため、身体を労わりハングリーフィールドにケパブとアルコールを買いに行く☆

ケパブとアルコール片手にライムスターの日本武道館以来のアビさんと会う
久しぶりの再会に、レイナさんのテントに御世話になっているアビさんに御世話になる、というなんともややこしい形で、ちゃっかり人様のテントでチャットモンチーを見ながらケパブを食べてお喋り♪

話し合いの結果「やっぱり、Dさんはマボロシの時にライムスターの話をされるのを嫌がる。」という結論が出た!良かったー!同じように何か見えないトゲを感じてるファンの方がいて!本当に怖いんだからね!

100sで池ちゃんを見たかったけれど、トイレに並んでいたら「みんな、ただいまー!」の声が聞こえ「おかえりー!」とYUIちゃんを見に行ってしまった。キヨシローの雨上がりも歌ってくれたの、鳥肌が立った。

ビークルを見にグラスへ戻る。
もう、本当に本当にヒダカトオルが大好きです!顔も声もウザキャラも、すべて!41歳になんかに見えない!でも細美くんが30代後半と知った時の驚きよりも、なんてことないけど!結婚おめでとー!
そして、カトウタロウがどうしてもTMの西川にしか見えずに困る。意外に綺麗なお顔立ち。
うっとりしていたら、WISEマンがゲストに登場!
「きゃー!色白いー!ちょっと、太ったー!」などと好き勝手に言って喜ぶ!(ちなみにワイちゃん大好きです。)

ご飯を食べてモンパチをチラ見

DJブースから私の血を騒がせるような音をキャッチ!うそー!まさか!とダッシュでライムスターのB−BOYイズムがガンガン鳴り響くDJブースへ駆け込む!・・・が居ねっーー!!!
「当たり前だよね、粋なDJの選曲だよね、、、」と諦めて帰ろうとしたら、
「スペシャルゲスト、カトウタロウーーーー!!!」
イエーーーーイ!!!ラッキー!!!
好き!好き!いいぞ!ウザキャラ!

基本的にカトウタロウとヒダカトオルのような饒舌でウザいのに胸キュン!

スクービードゥーを見に行く
もちろん、Dさん出るかな〜♪です!芝生にゴロンと横たわって出番を待つ。
結果的には、全くのゲスト無しでがっかりだったけど、生きた化石並みのコヤマシュウのキャラに夢中!ずっとあのままでいてくれ!

最前でライムスターの復活を見守るためにフォレストに移動
COMEBACK MY DAUGHTERSってバンドがライムスの前だったんだけど、ギターの人がどうしてもフルーツポンチの村上に見えて困る。もう、動きとかね、顔つきが完璧だったよ。

「戻ってきたぜー!!」とのJINさんの声に「おかえりー!」と迎える。
日本武道館からずっと待っていた。あれから環境は目まぐるしく変わって行ったけど、すべて自分で選んで掴み取ってきた道に今立っているから、昔よりはすごくしっかりと立てているよ。

スクービードゥーのステージに出なかったのは、ファンの前に帰ってくる時は、きちんとしたライムスターで見せたかったからかな???なんて思ってみたり、、、

適当そうに見えて、意外とそういうところ気にしてそうだもん。

夢のような時間は、F.O.HやCOMAーCHIなどが出てきてあっという間に終ってしまった。

JINさんのターンテーブルにDさんの声と師匠の声

やっぱり、私は最高にこの音を愛して止まない。

ライブ中に何度もそう思った。

最高に燃え尽きた1日目、あと2日間耐えられるのか!?

つづく・・・

写真:スクービードゥーの出番を芝生で待つ。二人とも格好が似ていたのだ。
2009.07.31 Friday ... - / -
#それは夢かマボロシか・・・

マボロシがライブで福岡に来ない事にショックを受けていたら、なーんとトークショウという形での来福☆

少し早めに会場に着くと、ライブハウスから漏れてくるリハの音と、Dさんの笑い声。久しぶりのこの感覚、やっぱり大好きだ。

マボロシが登場して、Dさんの笑いジワを見て、良いおっさんになったなぁーと思った。
MC苦手なDさんが汗をダラダラかきながら話していて、トークショウだというのに、Dさんを助ける気さらさら無しでニコニコ隣りで笑っている竹さん。

サプライズでのアコースティックライブも聞けて幸せっ!

最後にCD特典としてマボロシと握手&ハグ会。

アイドルかよっ!?と笑ってしまうけど、もちろん参加した。
マボロシに会うのが初めてな見知らぬ女子が「絶対ハグしてもらう!だって、こんなチャンスないもん!」と鼻息荒く、
私はもう何年もこのオッサン達に恋をしているし、目の前にしてまともに話せた記憶なんて1つもないので「いやー絶対に無理!握手で十分!」と言っていたけれど、結局押されてハグ・・・パンクするかと思いました。

フワフワしながら帰宅!

今年の夏はロッキンでライムスターだ!
2009.05.17 Sunday ... - / -
| 1/1 |